太陽光の量と日焼の関係性について

紫外線に含まれているA波は、硝子を抜けてしまう特質性をもってる為、家にいるときでも日に焼けちゃう可能性があるんです。紫外線には、A波・b波があります。B波は曇りの日等気候で阻止できますが、そうだとしても地上に降っている紫外線のひとつではあるのです。

1年で、紫外線の量が一番高いのは5月から9月だと言われてます。5月の陽光はまだ夏の強さがありませんので、まだ紫外線の対策は要らないと考えているかたも数多くいるようなのです。だんだん薄着が多くなって、袖の丈や、パンツの丈が短くなってくるので、これこそ紫外線の対策がだいじになります。

汗をかくことも、夏の紫外線の対処方法で意識しておきたい所なのです。UVカットは汗で流れていくことがあるので、頻繁に塗って、日焼け止め作用を保持するといいですよ。

紫外線を遮断してくれる期待がどの位あるのかは、日焼け予防クリームにより変わるので、SPF値などを参考にして、自分に合うのを購入すると良いでしょう。SPF値の大きな日焼け止めのクリームの1回に多量につけておくより、数値が少ないものを数回塗るほうが日焼け止めのクリームの効果がいいと言われています。

日焼け止めクリームを塗る時は、肩や、鼻の頭、おでこ、紫外線を浴び続けている所は、数回つけ直して下さいね。

10:00~、午後2時までは、紫外線が凄く大量というのを踏まえ出掛けるようにしましょうね。紫外線の降り注ぐ時だけでなく、年間を通し、紫外線の対策を心がける事がお肌の為なのです。