必ずやっておきたい、家を建てる前の地盤調査についてです。

Category
軟弱地盤かどうかは、敷地周辺を見ればわかる!?
近くに水路や水田があり、道路にいたみが…
軟弱地盤の可能性が大きいと感じたら、専門家に依頼して地盤調査を
地震防災の観点からも、精度が求められる
軟弱地盤は沈下の恐れあり、地震時の揺れも大
調査方法は建物の構造や規模、地盤の硬軟で異なる
家の平面図を基に、4隅を含む4箇所以上のポイントを測定
簡易調査後、軟弱の可能性があれば、さらに詳細な試験を
地盤調査と改良工事
地盤調査は、敷地の健康診断
地盤調査の結果によって、地盤改良の方法や基礎の形状が決まる
近隣地盤調査データを役所で閲覧し、合わせて基礎を計画
安全性、経済性の面からも、早めに地盤改良を
地盤改良工事にもいろんな種類が
軟弱地盤の深度が浅ければ、地盤を固める表層改良工法
深度が深ければ、支持地盤まで杭を打ちこむ杭打ち工法

必ずやっておきたい、家を建てる前の地盤調査

必ずやっておきたい、家を建てる前の地盤調査についてです。地盤調査は家を建てる場合は、必ず実施します。


そうしないと、家が家が、安全に建てられるのか、どうか分からないのです。もし、地盤調査を行わずに、建ててしまった場合に、最悪倒壊してしまうことも起こります。そうしない為にも、今は、地盤調査をするように各社対応しています。地盤調査を行って、その地質に家を建てることが難しいとデータで判断されたら、地盤改良等を行って、地盤を強化します。そして、長期に人が住んでも大丈夫な地盤にします。地盤調査は5-6万位で可能です。


しかし、地盤改良は高額になるので、もし費用が追加されたら、その分余裕があるように費用面でも前もって考えておきます。また、地盤改良分の費用捻出が難しいのなら、家自体の計画も少し手直しが必要になることがある場合もあります。


本当に、その土地に建てることにするのかという問題と、家自体の設計を小さくするという選択肢です。これから、一生住む予定の家なので、しっかりした地盤に住みたいものです。きちんとした判断が必要です。


また、ハウスメーカー等が開発済みの土地の場合は、地盤調査も地盤改良ももう終了しているので、契約したら、すぐに家を建て始めます。


必ずやっておきたい、家を建てる前の地盤調査

軟弱地盤かどうかは、敷地周辺を見ればわかる!?

軟弱地盤かどうかは、敷地周辺を見ればわかる!?

地盤調査と改良工事

地盤調査と改良工事についてです。結果、地盤改良を行う。